読み上げる

株式会社エナリス・パワー・マーケティング

読み上げる

電源構成

エナリス・パワー・マーケティングの電源構成をご案内いたします。

2023年度 電源構成見込

2023年度 電源構成見込 をご案内いたします。

電源連動型再エネメニュー

 
再エネ(その他)2.00%

FIT電気(太陽光)0.05%

FIT電気(バイオマス)9.88%

FIT電気(その他)1.50%

火力(石炭)8.32%

火力(石油その他)0.43%

火力(天然ガスその他)13.90%

原子力1.75%

水力(3万kW以上)1.70%

水力(3万kW未満)0.31%

卸電力取引所7.70%

その他52.45%

電源連動型再エネメニューは原則として、再生可能エネルギー指定の非化石証書を使用し、電源指定なしに、実質再生可能エネルギーとして、提供します。ただし、再生可能エネルギー指定の非化石証書が調達できない場合、再生可能エネルギー由来のJ-クレジットの代理無効化を行い、RE100クライテリア※1 に準拠する電力で提供します。

※1 RE100テクニカルクライテリアとも呼ばれ、RE100プロジェクトで求められる電源調達の要件を意味します。

電源連動型再エネメニューに関しては、インバランス発生や修繕、事故、計画停止、系統からの出力抑制依頼時など止むを得ない場合を除き、年間の使用量に見合った再生可能エネルギー由来の電気を調達します。

排出係数メニュー 環境価値 調整後排出係数
(t-CO2/kWh)
報告用メニュー名 備考
電源連動型再エネメニュー トラッキング付き非化石証書(再エネ指定) 0.000000 調整中 令和5年度見込
スタンダードメニュー 0.000584 調整中 令和4年度実績
  • 「報告用メニュー名」は、環境省の「電気事業者別排出係数」が発表された後、掲載予定です。
  • 電源連動型再エネメニューの調整後排出係数は、令和5年度排出量報告(令和6年度提出用)にご使用いただける予定のものです。
  • スタンダードメニューの調整後排出係数は、令和5年度排出量報告(令和6年提出用)にご使用いただけるものです。
  • 令和6年度の提出では、スタンダードメニューは令和4年度実績、電源連動型再エネメニューは令和5年度実績の数値をご利用いただきます。

エナリス・パワー・マーケティング全体

再エネ(その他)1.91%

FIT電気(太陽光)2.64%

FIT電気(バイオマス)10.53%

FIT電気(その他)2.36%

火力(石炭)7.94%

火力(石油その他)0.41%

火力(天然ガスその他)13.26%

原子力1.67%

水力(3万kW以上)1.63%

水力(3万kW未満)0.29%

卸電力取引所7.34%

その他50.03%

  • エナリス・パワー・マーケティング全体の調整後排出係数見込は、こちらから(令和3年度実績値)ご確認ください。
  • 二酸化炭素排出係数は、「電気事業者ごとの基礎排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表について20230510産局第1号・20230509資庁第2号・環地温発第2305195号)」に定められた内容に基づき算出しております。